シャンプーと薄毛

頭皮と髪を同時にケアするポーラのフォルム

folm

顔のスキンケアと同じように頭皮もケアできるとして話題になっているのがポーラのフォルム。@コスメのベストコスメにも選ばれたシャンプーで、4つの植物由来成分が頭皮に潤いと栄養を与えながらダメージを受けた髪をしっかりと補修。しっとりとまとまりのある髪にしてくれます。年齢とともに頭皮と髪に元気がなくなってきたかなと感じている方にオススメです。

公式HPでさらに詳しく

間違ったシャンプーの仕方も薄毛の原因になる?


女性の薄毛はシャンプーとの関わりが非常に深いと言われています。場合によってはシャンプーが原因で抜け毛が増加するケースも見られます。それだけに薄毛の悩みを抱えている人は間違ったシャンプーを行っていないかを見直してみた方がよいでしょう。

洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ頭皮を擦るのはNG!

では間違ったシャンプーの仕方とはどのようなものなのでしょうか。まず典型的なケースとして見られるのが強く擦って洗ってしまうこと。どうしても汚れを落とさなければならないという清潔意識からゴシゴシと強く力を込めて洗ってしまうのです。

 

人によっては爪を立てて洗ってしまっている場合もあります。これによって頭皮が傷ついてしまい、毛根を作る毛穴が損傷をうけてしまったり、バリア機能の低下によって細菌が繁殖して炎症を作るなどの問題を引き起こします。どちらも発毛・育毛の大きな阻害となるのはいうまでもありません。擦るというよりも揉むような感覚で洗っていくようにしましょう。

予洗いすることで汚れの70%は落とせる

もうひとつよく見られる間違った仕方には事前に毛髪をよく濡らさずにシャンプーを使ってしまうことも挙げられます。洗髪の際には事前にぬるま湯でよく毛髪を濡らしておくプレシャンプーが重要になります。ただ濡らすだけでなく、一通り洗い流しておくことで汚れの7割ほどを落とすことができるといいます。このプレシャンプーをしっかりと行っていればシャンプーの負担が少なく済むわけです。また、濡らしておいた方がシャンプーの泡立ちがよくなります。

 

シャンプーの泡立ちといえばあらかじめ手のひらにとってよく泡立ててから行うのも薄毛対策の重要なポイントです。直接頭皮にシャンプーを塗布してから泡立てると頭皮への負担が大きくなります。この点も覚えておきたいポイントです。

 

最後にすすぎ。シャンプーは正しく熱心に行っているにもかかわらずすすぎが不十分なため、洗浄成分が頭皮や毛穴に残ってしまってトラブルの原因をもたらしてしまうケースも多く見かけます。こうしたポイントを注意し、自分がみすみす薄毛の原因となるような仕方をやっていなかったかどうかを確認してみましょう。

口コミで評価が高い女性用スカルプシャンプーBest3