妊娠・出産時の薄毛対策

頭皮と髪を同時にケアするポーラのフォルム

folm

顔のスキンケアと同じように頭皮もケアできるとして話題になっているのがポーラのフォルム。@コスメのベストコスメにも選ばれたシャンプーで、4つの植物由来成分が頭皮に潤いと栄養を与えながらダメージを受けた髪をしっかりと補修。しっとりとまとまりのある髪にしてくれます。年齢とともに頭皮と髪に元気がなくなってきたかなと感じている方にオススメです。

公式HPでさらに詳しく

妊娠・出産時の薄毛対策にはどのようなものがある?


妊娠・出産時には心身にさまざまなトラブルが生じるものですが、その中でも多くの女性が経験し、しかも極端な形であらわれることが多いのが抜け毛・薄毛です。とくに出産後に驚くほど大量の抜け毛が発生して不安になるケースが多いようです。

妊娠・出産の薄毛の原因はホルモンバランスの乱れとストレス

妊娠・出産時に抜け毛が増加して薄毛が進行してしまう理由はおもにホルモンバランスの乱れです。妊娠中には胎児を育て、出産するための体を作るために女性ホルモンの分泌量が増加します。この影響でヘアサイクルが乱れ、毛髪がなかなか抜けない状態になるのです。それが出産後になってホルモンバランスが正常な状態に戻ることでこれまで抜けずに留まっていた毛髪が急激に抜けてしまうのです。

 

このホルモンバランスの減少の度合いが急激であればあるほど極端に抜け毛の症状が起こるようです。また、このホルモンバランスの減少はストレスによって症状がさらに大きくなる可能性もあります。出産後に育児への不安からストレスに晒されるケースが多く、それが産後の抜け毛を増加させてしまうことも多いのです。

通常は半年から1年程度で元に戻る

このように、妊娠・出産時の薄毛はある程度避けられないものであるとともに、それほど深刻に考える必要はないものであります。通常は半年程度、長くても1年程度でもとの状態に戻ります。ですから、妊娠・出産時の薄毛対策としてはまず「気にしない」ことが挙げられます。不安になったり神経質になることでストレスが溜まってしまい、ますます症状を悪化させてしまう恐れがあるからです。抜け毛が多すぎて地肌が透けて見えてしまうような状態ならウィッグを使用するなどの対策を行いましょう。

 

ただ、あまり抜け毛の量が多い場合は気にしないわけにはいきませんし、心身に負担がかからない程度に対策を行っておくことも大事です。ポイントはやはりホルモンバランスの調節。イソフラボンやカプサイシン、サポニンといった女性ホルモンを補う働きを持った成分を摂取することで抜け毛の進行を抑えることも可能です。大豆製品など食生活で補うのもよいですし、サプリメントで効率よく摂取することできますが、過剰摂取には注意しましょう。

口コミで評価が高い女性用スカルプシャンプーBest3